糖尿病は病院で正しくケアしよう|的確な対処法で悪化を防ぐ

病棟

引き起こし方

flower

糖尿病を発症した場合には、食事の管理が非常に大切です。食事療法を怠ってしまうと、いくら薬を飲んでもインスリンを注射しても、効果を失ってしまうことも少なくありません。しかしカロリー計算というのは毎食のことですから、大変なものがあります。そこで人気となっているのが、病食のデリバリーです。これは病気に合わせて必要なカロリーをしっかりと調整したものを配達してくれますので、非常に便利となっています。しかも病食だからといって薄味で食べ応えのないものばかりではなく、味にも拘ったメニューも増えてきていて評判も高くなっているのです。特に、出歩くのが難しかったり、計算に自信がないといった高齢者から高い支持を集めています。

糖尿病という病名から、尿に糖の出る病気だと思っている人が多い傾向にあります。しかし実は、尿に糖が出ていても糖尿病ではないことも多くあるのです。これは特に、若年層に多い傾向が見られます。また逆に、尿に糖が出ていなくても糖尿病のこともあります。ですので尿内の糖の有無だけで判断することはできません。糖の有無よりも注目しておきたいのが、血管障害なのです。特に脳の動脈や心臓冠状動脈に動脈硬化が見られる場合には、糖尿病の危険性が高まりますので定期的に検査をすると安心です。また検査を受ける前には、糖質を多く含む食事を、検査の2時間くらい前に食べておくと結果が分かりやすくなります。というのも、軽症の場合にはこうした過程をふまないと糖が出ないことが多く、見過ごされてしまうこともあるのです。