糖尿病は病院で正しくケアしよう|的確な対処法で悪化を防ぐ

病棟

過剰な糖が血管を傷つける

看護師

血管内に糖が多い状態である糖尿病は、様々な合併症を引き起こす危険性があります。予防や早期発見には定期的な血糖値の検査も有効です。生活習慣の改善の工夫として、よく噛むこと、食物繊維の摂取、こまめに動くことなどが挙げられます。

Read More...

自覚症状が出にくい病気

医者

症状が出にくい病気

糖尿病は、すい臓で作られるホルモンインスリンが不足したり、働きが悪くなることによって、身体を動かすエネルギー源となるブドウ糖が細胞に取り込まれずに、血液中に溢れてしまう病気です。インスリンを作る細胞が破壊されておこる1型糖尿病と、インスリンの出る量が少なくなったり、働きが悪くなるためにおこる2型糖尿病があります。1型糖尿病が、生活習慣とは無関係に若いうちに発症することが多いのに対し2型糖尿病は生活習慣の影響が大きく30代以降に発症し40代から急激に増えます。男性のほうが発症は多い傾向にありますが、女性の場合、比較的高齢での発症が多くなっています。また、肥満でなくてもかかる人が多いのが特徴です。

検診でチェック

糖尿病が疑われる人のなかには、治療を受けたことがない人が約4割と結構多いのも問題になっています。糖尿病の初期は、自覚症状がなく日常生活に支障がないため、病院に行かないのです。しかし糖尿病の発症から10〜15年放置すると、神経障害、網膜症、腎症の三大合併症が出やすくなるので注意が必要です。糖尿病を早期発見するには血液検査で、血糖値を知ることが不可欠です。それには、健康診断が最適です。2008年度から全国市町村で導入された、40歳以上が対象の特定健診は生活習慣病の有無を重視した内容で、糖尿病の早期発見に役立っています。また、糖尿病危険度チェックを活用し、当てはまる項目が多い人は、健診を受けることが非常に大切です。

関係性に関する話です

病院

糖尿病は長期に治療が及ぶため、医療スタッフとの関係性が大切になります。医療スタッフの治療における態度や姿勢が鍵となります。 また、糖尿病の治療の主役は医療スタッフではなく、あくまでも患者本人であることを念頭に入れておく必要があります。

Read More...

引き起こし方

flower

生活習慣病の病気とされているのには糖尿病があります。これは名のとおり糖分を過剰摂取したため、この病気に陥っています。そのため普段の食事を気にしていかなければなりません。そのため利用したい業者があります。

Read More...